ねずみが与える影響~大切な赤ちゃんを守ろう~

ねずみでアナフィラキシーショック?~安全な駆除方法~ ねずみでアナフィラキシーショック?~安全な駆除方法~

ねずみが赤ちゃんに与える影響って?

ねずみはとても頭の良い動物です。特に身動きが取れない赤ちゃんは注意が必要です。ここでは、ねずみが赤ちゃんに対してどのような悪影響があるのかお教えします。

ねずみが発生することで赤ちゃんにどんな被害があるのか

ねずみは赤ちゃんにどのような影響が与えますか?
ねずみは人間が思っている以上に賢い動物です。そのため、人間の中でも、危険意識が低い赤ちゃんや寝たきりの老人に狙いを定め、嚙みついて肉をかじることがあります。このような事故は国内でも多数報告されていて、傷口が縫えずに後遺症を残す人が数多くいるのです。また、海外では様々な事例があり、生後数か月の赤ちゃんがねずみに全身をかじられて死亡、横で眠っていた赤ちゃんが顔をねずみに食べられるといった事故が実際に起こっています。

ねずみの被害は噛まれるだけではない

噛みつかれる以外にも、ねずみによる被害はあります。そもそもねずみは下水などの不衛生な場所を通り道にしているため、身体の表面や体内、糞尿の中に恐ろしい病気の病原菌を抱えています。ねずみの排泄物で汚染された土や水には、レプストスピラ菌という病原体が繁殖していますし、ハンタウイルスという、治療法が確立されていない病気も持っています。このように、ねずみに触れる・噛まれると重大な健康被害を引き起こすリスクが高くなるのです。

ねずみが存在すると、赤ちゃんにも悪影響を及ぼす可能性が高いです。何かあってからでは遅いので早めにねずみ駆除をすることが大切です。

TOPボタン